きょうしんブログ 大阪府茨木市の地域電器専門店(オール電化・エコキュート・IH・太陽光発電)

大阪府茨木市・高槻市でオール電化(エコキュート・IH)・太陽光発電・家電の「地域電器専門店 住まいるでんき館きょうしん」のブログです。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





電話 :(072)624−0041
FAX:(072)624−7213
メール:info@suite-kyousin.com





この記事にコメントする

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ EDIT

当店のオール電化工事の概要・流れ

「ご相談からご注文、お引渡しの流れ」


 ・当店にご連絡・ご相談頂きます

   電話 : (072)624-0041
   メール: info@suite-kyousin.com
   お問い合わせ大


              


 ・お客様のお宅へ訪問させて頂き、現地調査を行います
   (メーター周り、台所、分電盤、浴室、点検口、設置場所など)



              


 ・お見積もりをお出しします。


              


 ・ご成約の場合は工事予定日を決めます。
  工事日は、関西電力へ申請のため契約日から7日後以降となります。

  ただし、ご使用の給湯器が故障してしまった場合は短縮できます。
  土日・祝日でも工事は行っております。


              


 ・現金払いの方は、工事日の5日前までに
  契約金額の20%以上の内金を頂きます。
  分割払いをご希望の方は、専用の申込用紙に記入して頂きます。



              


 ・工事日にIHクッキングヒーターとエコキュートの工事を行います。
  基本的に1日工事ですが、現場の状況により変わることがあります。


              


 ・操作説明・取扱説明をさせていただきます。


               
    

 ・定期的にメンテナンスのご案内をします。




「工事にかかる日数」


基本的には1日工事です。
設置場所によって事前に基礎工事をさせていただく場合もあります。




「IHクッキングヒーター工事」


まずは既設のコンロを取り外して、アース線と電線を配線します。

P1010428.jpg




分電盤からIH専用の200Vを送る準備をします。
空きのブレーカーが無かったら、増設ボックスを設けます。

P1010083llj;;lk




IH専用のコンセントを取り付けます。
同時にガス管も閉栓します。

P1010429.jpg




IH本体を設置して、調整して完成です。

P1010431.jpg




据置きタイプの場合です。
コンロを外して、専用コンセントを取り付けます。

P1010721.jpg



IH本体を設置して完成です。

P1010724.jpg





「エコキュート工事」




鉄筋入りの基礎工事をします。
設置場所により事前基礎をさせていただくこともあります。

基礎



分電盤からエコキュート専用の200V配線をします。
空きがない場合はIHと同様増設ボックスを設けます。

エコキュートの場合は、ブレーカーを屋外に設置することもあります。

ボックス内



配線はなるべく露出が少ないように天井裏や床下を通します。
露出配線になる場合も見た目もキレイに工事します。

配線外観



基礎を置き、給水・給湯・追い炊き配管・ヒートポンプ配管をします。
基本的にカバーを取り付けてスッキリさせます。
(日陰などではカバー工事をしない場合もあります。)

工事途中



給湯専用(落とし込み)からフルオートにする場合は、
浴槽に追い炊き配管用の穴を空けます。

試運転

2つ穴がある場合は、片方をふさぎます。

浴槽の材質はホーロー、ステンレス、樹脂(FRP)、人造大理石など
ほとんどの場合で大丈夫です。
浴槽がタイルの場合は水漏れの可能性があるため、おすすめしません。




浴室リモコンをしっかりコーキングをして取り付けます。

風呂リモコン




台所リモコンを取り替えます。
設置場所の変更も出来ます。

台所リモコン





タンクからの膨張水、ヒートポンプからの霜取り水を排水処理します。
これをしないと地面が水浸しになって地面に苔が生えてしまいます。

タンク排水



全ての配管が接続します。
保温材を巻いて、少しでも熱が逃げるのを抑えます。

配管完成




エコキュートの取り付けが完了です。

完成外観



基本的に配管は見えないようにしますが、どうしても露出になる場所は
配管カバーに入れてなるべく見た目もスッキリさせます。
(日陰などではカバー工事をしない場合もあります。)

配管カバー



ヒートポンプ配管は、接続部の直前までカバーに入れます。
(日陰などではカバー工事をしない場合もあります。)

ヒートポンプカバー



この記事でわかりにくいことがあれば、お気軽にコメントくださいね。
関連記事





電話 :(072)624−0041
FAX:(072)624−7213
メール:info@suite-kyousin.com





この記事にコメントする

| オール電化(エコキュート・IH・太陽光発電) | 00:04 | コメント:0 | トラックバック:0 | ページトップへ↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suitekyousin.blog55.fc2.com/tb.php/127-0701f1de

TRACKBACK

次のページへ | PAGE-SELECT | 前のページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。