きょうしんブログ 大阪府茨木市の地域電器専門店(オール電化・エコキュート・IH・太陽光発電)

大阪府茨木市・高槻市でオール電化(エコキュート・IH)・太陽光発電・家電の「地域電器専門店 住まいるでんき館きょうしん」のブログです。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





電話 :(072)624−0041
FAX:(072)624−7213
メール:info@suite-kyousin.com





この記事にコメントする

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ EDIT

茨木市三島丘2丁目でオール電化工事

茨木市三島丘2丁目で、
パナソニックIHクッキングヒーター(KZ-JT75XS)、
パナソニック薄型エコキュート370Lフルオートタイプ(HE-W37CQS)を取付けるオール電化工事をしました。




今回のお客様は今までお使いのガス設備が古くなってきたということで
ご成約頂きました。



当店の営業地域では近隣との境界がせまく、
薄型タイプでも収まりきらず設置できないこともあります。



ですのでエコキュートの置き場所にお困りの方も多いと思います。



今回のお客様宅でも設置場所の幅が45㎝と搬入が難しい場所でしたが、
幅44㎝の薄型エコキュートをご提案させて頂きました。


それでは工事の様子をどうぞ!






まずはガスコンロの撤去から始めます。

P1000420.jpg

約20年ほどお使いだったそうで、
コンロとオーブンが一体型で外れずにむちゃくちゃ重かったです…。








必死の思いでなんとか取り外しました。

P1000421.jpg

ガス管を閉栓して、IH専用200Vコンセントを取付けました。














ガスオーブンを取り外した所へ置台を設置して、
IHクッキングヒーターをはめ込んで完成です!

P1000422.jpg

天面が75㎝タイプは使い勝手もよくてきれいです。











一方、幅45㎝のタンク設置場所はこんな感じです。

P1000426.jpg

フェンスより左側はお隣様の敷地ですのでほんとにぎりぎりでした…。











給湯器を取り外し、エコキュートのタンク固定用のアンカーを打ち込みます。

P1000427.jpg















電気配線は屋外で分岐配線しました。

ベージュのボックスの中にブレーカーを設置しています。

P1000428.jpg

ここから外壁を一周してエコキュートまで配線しました。














台所リモコンを交換します。

P1000435.jpg







風呂用リモコンも交換しました。

P1000430.jpg








給水・給湯・追い炊き配管を約2メートルほど延長しました。
2メートルほどの延長は当店の標準工事費に含まれています。

P1000433.jpg

水道配管以外に、電気配線、アンテナ配線、排水管、ガス管と
家の配管類がほぼ集まっていたので整理が大変でした…。

ですが、できるだけカバーに収めて工事させていただきました。












配管類をすべて接続して試運転をして完成です!

P1000434.jpg


写真で見てもタンクがぎりぎり収まっています。



設置後、ご主人も「うわ~、ほんまぎりぎりやなぁ(笑)」と驚かれていました。



これで今回のお客様宅もオール電化住宅になりました!
これからは安全・快適なオール電化生活を楽しんでくださいね!




この度は当店にオール電化工事をご依頼いただきありがとうございました!




                            スウィート・きょうしん

                              店長  堀切 憲司

関連記事





電話 :(072)624−0041
FAX:(072)624−7213
メール:info@suite-kyousin.com





この記事にコメントする

| オール電化(エコキュート・IH・太陽光発電) | 00:00 | コメント:0 | トラックバック:0 | ページトップへ↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suitekyousin.blog55.fc2.com/tb.php/189-76660d29

TRACKBACK

次のページへ | PAGE-SELECT | 前のページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。